大型施設を施工する、丹波市の鉄工会社。

機械・設備

最新設備を積極導入
先進的な工法を取り入れています。

時代の流れとともに求められる建設需要に対応。「速く」「正確に」「高品質に」提供できる環境が、足立鉄工にはあります。

私たちが導入を進める最新の製造設備は人の持つ高い技術と相まって今日も豊かな暮らしを支えています。

機械・設備

DAITO DB3C5030

DAITO DB3C5030

足立鉄工では製造工程の効率化と高度な加工要請に対応するため、それぞれ独立した工程である「孔あけ」「切断」「けがき」が一つのラインで実行可能となる「DB3C5030(孔あけ・切断複合機)」を導入しています。完全自動加工ラインシステムによる加工部材を大量投入することにより効率的な加工処理、飛躍的な加工速度が実現します。
DAITO DNFⅡ1050

DAITO DNFⅡ1050

胴縁(どうぶち)加工に対応するため、UWF-150Ⅱを導入・機械化しています。複数物件の胴縁加工を同時に行うことが可能となり、作業時間の短縮とコスト削減が実現します。
※胴縁とは:建物の柱と外壁の下地になる部分になります。
TAKEDA UWF-150Ⅱ

TAKEDA UWF-150Ⅱ

以前使用していたDNF1000から、最新モデルのドリルマシンDNFⅡ1050に入れ替えたことにより、格段に孔あけ作業の時間短縮を実現。最新の鉄骨切断機と併用することで、孔あけ→切断という一連の作業スピードの向上が実現しています。