大型施設を施工する、丹波市の鉄工会社。

私たちのしごと

はじめまして。
丹波市の鉄工会社、株式会社足立鉄工です。

兵庫県丹波市にて創業70年。
私たちは数多くの建造物を支える骨組みともいうべき「鉄骨」の設計や製造・加工及び組み立てまで一貫施工しています。丹波市内だけでなく京阪神地域圏の大型商業施設に供給しています。

足立鉄工という会社について

私たち株式会社足立鉄工は兵庫県丹波市にある建築鉄骨を製造・加工する鉄工会社です。会社の規模は大きくはありませんが、ただ作るだけではなく製品の配送や現場での骨組みの組み立てまでの一貫体制を整えています。

一般的な規模から大規模商業施設、公共施設で使われる建築鉄骨を供給しています。

創業から約70年。創業当時は丹波市内の農業需要を取り込み鍬や鎌などの農機具の修理を行っていました。高度成長期を迎える中で鉄骨を使った現代的な建物の建築需要増加に伴い、時代と共に建築鉄骨に事業の軸足を移してきたという歴史があります。

鉄骨は建物が完成した後は、直接目に見えることはありません。ですが月日が経ち内装や外装をリフォームすることがあっても鉄骨は変わらず同じ形を保ち建物を支え続けます。そうして何十年も自分の仕事が残っていく感覚は非常に魅力のあるものです。

また、私たちは鉄骨の設計の段階から工事に関わっています。早い時期から建築プロジェクトの基礎となる工事に従事できる事は、序々に完成に向けて育っていく建物を見守る気持ちが持てて、なんだか嬉しいものです。

最新設備を導入するということ

株式会社足立鉄工では、各種鉄骨の製造・加工を行うに当たり積極的に最新設備の導入を進めています。

鉄骨は1つの部材が非常に大きくかつ重たいものであり、当然危険も伴います。従業員が一丸となって鉄の塊と対峙するチームワークが欠かせません。人が持つ確かな経験や知識、技術をより安定的で効率よく引き出す上では様々な機械設備を使い、少人数でも十分な仕事が行える環境を整えることが必要なのです。

また、この業界で一人前といえるまでに育つには最低でも10年の現場経験が必要と言われています。今日あらゆる業界でも人の確保が難しい時代。最新設備を使い可能な限りオートメーション化を進めていく。熟練の経験が必要な場面では職人さんにバトンタッチして機械と人との連携を図っていくことが鉄骨の安定供給には欠かせません。

これからの足立鉄工

私たちは、鉄骨の製造・加工のプ ロとして長年に渡り事業を展開してきました。

これからも着実な仕事を続けていく一方で、やはり未来の株式会社足立鉄工を想像していく展望は持っていたいと思います。

例えばそれは工場の規模の拡大。今のチームワークを大切にしながらも、もっと大きな仕事を、もっと効率よく行える環境を整えていく事。また製造・加工だけではなく設計部門の強化。

夢は尽きませんが、株式会社足立鉄工は私たちが手がける鉄骨の様に、じっくりと、着実に、これからの「建築の未来」を支えていく会社でありたいと考えています。

会社名 株式会社足立鉄工
代表取締役社長 足立 圭輔
所在地 本社:兵庫県丹波市柏原町南多田366-2
工場:兵庫県丹波市柏原町南多田366-2
創業 昭和16年
資本金 1,000万円
取引銀行 みなと銀行 柏原支店
中兵庫信用金庫 柏原支店
電話番号 0795-72-2864
FAX 0795-72-2745
認定工場 建設省告示1103号認定 昭和58年3月23日
国土交通省Rグレード認定 平成26年1月20日
認定番号 TFBR-141086
所属技術者 一級建築士:2名
管理建築士:1名
鉄骨制作管理技術者:2名
建築鉄骨製品検査技術者:1名
溶接管理技術者(1級):2名
溶接管理技術者(2級):1名
超音波深傷検査技術者(レベル2):2名
溶接技術者:2名